確定拠出年金のツボ!

確定拠出年金で大事なお金を・・・

当サイトへようこそ!ここでは、確定拠出年金について分かりやすく解説します。大事なお金をどうやって運用していくのか?これからの時代を生き抜いていくには欠かせない知識となっています。

 

道に迷っている人のイメージ

 

学校では決して教えてくれなかった「マネーリテラシー」は、受身ではなく能動的に自分で身につけなければいけない時代です。

 

長引く日本の不況。デフレ脱却と言われていますが、一般の人では景気が良くなっている実感はあまり感じていないはずです。

 

円安による良い影響を受けているのは、やはり一部の人たちであって、ほとんどの人の生活は何も変わっていないどころか、消費税が上がってしまった影響で家計にダメージがあるのではないでしょうか。

 

超高齢化社会になった日本では、膨大な数の高齢者を少ない若い世代によって支えなければいけません。冷静に考えれば、働ける世代が少なくなっていくのであれば、税金が足りなくなるのは目に見えています。消費税だけではなく、あらゆる税金が今よりどんどん値上がり、それによって日本を運営していかなければならない状況です。

 

年金受給年齢はどんどんと引き伸ばされ、しかも受給額はどんどん減らされていきます。既に年金制度は破綻していると思っていても、国として年金制度を無くすわけにもいきません。

 

こうして書いていくと、決して日本の未来は今の時点では明るくなく、課題は山積しています。だからこそ、自分の将来に必要なお金を自分の知識とスキルで運用していかなければいけない中、確定拠出年金への注目度が年々高くなっています。

 

確定拠出年金とはどんなもの?

確定拠出年金とは新たな年金制度で、従来の公的年金、企業年金などに加え、新たな選択肢として確定拠出年金を導入することで、われわれ国民にとっての老後の所得確保をいっそう図りやすくしようというわけです。

 

わが国でも、老後の生活に対する関心は近年とくに高まっています。平均寿命の延びによるいわゆる「高齢化時代の到来」に伴い、われわれ一人ひとりが幸せな人生を送るうえで、いかに豊かな老後を過ごすかが従来にも増して重要となってきています。

 

しかしながら、一方で、出生率の低下による「少子化の進展」や最近の景気低迷下での運用利回りの低下に伴い、これまで退職後の生活を支える柱と考えられてきた公的年金制度や企業年金制度だけに頼っていたのでは、十分な老後の資金の確保がむずかしくなってきたのもまた事実です。このため、よりゆとりのある老後を過ごすため、自分で必要な備えを行うことがますます求められているのです。

 

こうしたなか、注目を集めているのが、確定拠出年金制度いわゆる日本版401k制度です。従来の公的年金や企業年金が、国や企業が一括して運用を行い、基本的に一定の将来の受取り額を約束している「確定給付型」であるのに対し、「確定拠出型」年金制度は各自が自分の判断に基づ、いて運用を行い、その成績に基づいて受取り額が変動するものです。

 

ただし、確定給付型年金といっても、実際にはその時々の状況により給付水準は変動しているわけであり、必ずしも受取り額が完全に保証されているわけではありません。これに対し、「確定拠出型」年金は、各人が生活プランに応じて運用商品を選んでいくという、自己責任で運営していく年金制度といえます。

 

また、この制度を魅力あるものとするため、税制面等でさまざまなインセンティブが付与されることとなっています。まさに、個人個人の自助努力に基づいた制度であり、いまの時代にマッチしたものといえるでしょう。

 

実際、わが国での制度導入にあたってモデルの1つとなっている米国の401k制度の普及状況をみると、 1982年の導入以来、資産残高は増加の一途をたどり、現在では1兆ドルを超える主力年金制度になるまでに成長しています。

 

しかし、自己責任原則のもとでの制度といわれるように、確定拠出年金制度を上手に利用するためには、この制度の特徴をしっかりと理解する必要があります。年金制度といえば、本来われわれにとって身近な問題であるにもかかわらず、その複雑な仕組みからその全体像を理解している人は一部の人に限られると思われます。

 

退職後の生活設計にしても、日常の忙しさにかまけて、将来を十分に見据えている人は必ずしも多くはないというのが実情です。さらに、確定拠出年金の前提となる自己責任での投資に関しても、これまでリスクを伴う商品への投資について、十分な経験をもっ人は少ないというのが実態ではないでしょうか。

 

そこで、当サイトでは確定拠出年金を上手に使いこなすため、制度の特徴とともに、老後の生活設計をどのように考えるか、投資対象となる金融商品はどのようなものか、といった点をわかりやすく解説しました。

 

様々な疑問があると思います。そんな疑問を当サイトで解決して頂ければ幸いです。

 

○当サイトで最初によく読まれているページ
→確定拠出年金とは?→選び方のポイント!

お金の運用方法はいろいろ

自分のお金を運用していかなければならない時代と述べましたが、最近ではメディアでもそうした論調になってきていますね。

 

特に非課税で投資ができると人気のNISAもその典型です。
今まで投資には及び腰だった人たちに、気軽に投資ができるとしてテレビCMだけではなく、様々なニュースや情報番組でも取り上げられ、NISAをきっかけに投資によって資産運用を始める人は増えました。参考:NISA(日本証券業協会)

 

また、アベノミクスの影響によって日経平均株価は値上がりを見せ、株式投資をする人も増えました。参考:Yahooファイナンス日経平均株価

 

徐々にお金は預けるだけではなく、運用していくものだという風潮が日本にも浸透してきている証です。しかし資産運用はギャンブルではありません。イチかバチかで運用するのではなく、短期・中期・長期といういくつかの目線で運用していくことが大切です。

 

株式投資でもFXのようにレバレッジを効かせる事もできるので(信用取引)、大きなリターンを欲してしまう欲求を自制しなければ投資には向いていません。伸るか反るかの勝負をしていては、それはギャンブルと同じです。冷静な判断ができる金額、余裕資金で投資をするという基本的な事を頭に必ず入れておきましょう。

 

○お金に関するリンク
お金借りたいけど、どこがいいの?って人が選ぶキャッシング一覧
http://letitredebruno.com/
お金を借りたいけど、どんなキャッシングがいいのか分からない、という初めての方でも安心して利用できるキャッシングの一覧がまとめられています。